Top > なたまめの効能効果まるわかり > 南薩摩地方で栽培されるなたまめのこと

南薩摩地方で栽培されるなたまめのこと

江戸時代の初期に中国から伝わったなたまめの栽培が南薩摩地方に根づいたのは、
鹿児島県の南薩摩地方特有の地質、「シラス台地」と温暖な気候が

なたまめの成育に適した環境だったからです。


最初は農家の家庭で漬物やお茶として利用される程度でしたが、
近年の健康ブームと健康雑誌でなたまめの効能と効果が紹介されると、
栽培に力を入れる農家が次々と現れましたが、

栽培方法はどこの農家も手探りの状態。

そこで地元有志の農家の人たちが、

栽培方法を勉強し最終的に行き着いたのが無農薬有機農法。


健康に役立つ成分が豊富ななたまめは

安心して利用できるものであるべきという考えからたどり着いた栽培方法です。

無農薬有機農法のための土作りから始め、
この土地にもとからいる有用微生物の力で堆肥を作りも行い、

害虫に強い抵抗力を作物に与えることに成功しました。

こうした栄養豊富な土壌と化学肥料を一切使わない無農薬有機農法で
丹精込めて育てられた安心安全ななたまめを利用しているのが

マイケアのなたまめ茶となたまめ歯みがきなのです。

マイケアのなたまめ茶となたまめ歯みがきは
この南薩摩で無農薬有機農法で丹精込めて作られたなたまめと

ハトムギ、黒豆、桑の葉等すべての原料が国産無農薬栽培なのです。

中国産の原材料を使った他社のなたまめ茶より割高ではありますが、
品質にこだわる方にはこのマイケアのなたまめ茶をおすすめします。

なたまめの効能効果まるわかり

関連エントリー
民間薬としてのなたまめ南薩摩地方で栽培されるなたまめのことなたまめ茶、なたまめ歯磨きの効能効果なたまめの安全性や副作用なたまめと花粉症・鼻の不快感解消なたまめの健康増進作用と口臭対策