Top > 口臭対策 > 口臭と歯周病について

口臭と歯周病について

口臭の原因の一つである歯周病についてお話します。

 

歯周病は症状の差はありますが、20歳?30歳代で約60%、
40歳代?50歳代で約80%がかかっているといわれています。(日本歯科学会データより)

歯周病の恐ろしさは本人に自覚症状がないまま進行していくことです。

異変を感じたときにはかなり進行しており抜歯するしかないというケースも多いのです。

歯周病の初期の段階では自覚症状はありませんが、これを放置していると、
歯ぐきが炎症を起こし、膿が溜まる状態、歯槽膿漏となります。

この段階ですとかなりの悪臭がありますが、痛みがあるわけではないので、
これも放置してしまう人がいます。

この症状からさらに進行すると歯周病菌が出す毒素により、
歯を支える土台の部分がもろくなり、
歯がグラグラになり食物をかむこともままならなくなります。


歯周病菌は歯と歯ぐきの間の歯周ポケットと呼ばれる部分に住み着き、
この部分に溜まった歯垢を栄養にしてどんどん繁殖します。

歯垢とは食べ物のかす、磨き残しです。

歯垢1mgに数百億の細菌が潜んでいるといわれ、
この細菌の中に歯ぐきを刺激する歯周病菌がいるといわれています。

 

口臭対策

関連エントリー
僕のなたまめ茶利用方法口臭と歯周病について